上映中

負け犬の美学

父は打たれ強さを武器に最後の戦いに挑む

上映スケジュールはコチラ!
負け犬の美学
負け犬の美学
負け犬の美学

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

負け犬の美学

スティーブは48戦13勝3分32敗の中年ボクサー。殴られ続けた体は限界に近く、妻マリオンとの約束は50戦で引退する事。レストランでのアルバイトと、美容師として働くマリオンの稼ぎでまかなう家計はいつも火の車だ。そんな中、愛娘オロールの夢―パリの音楽学校でピアノを学ぶ事―を叶えるために、欧州チャンピオン、タレクのスパークリングパートナーに志願する。それは試合よりも遙かに危険な仕事だった。


解説

我が子に伝えたいのは、情熱を傾けるものがある人生の素晴らしさ。世にボクシング映画は数あれど、勝利に見放されながらボクサーである事を辞めない主人公の負けっぷりを追う本作は、華々しい栄光とは無縁の男の日常を描いた異色作。主演のマチュー・カソヴィッツは自ら希望して、タレクに扮する元WBA世界王者ソレイマヌ・ムバイエを相手に振付なしのファイトシーンに挑んだ。また、ボクサーの父を一途に慕うオロールを演じるビリー・ブレインが出色。その笑顔は無敵だ。これが長編デビューとなる監督サミュエル・ジュイは脚本も手がけ、負ける事でプロボクシング界を陰で支える無名のボクサーたちへオマージュを捧げている。


配給クロックワークス
制作国フランス (2017)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年10月12日よりシネマカリテほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック