天下泰平

源氏鶏太の原作映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

森製作所の社員であった立春大吉は、シベリアから復員したが、会社は東洋電機製作所と名称を変え、社長の森信吾は総務部長となっていた。終戦のどさくさに社の株券の大半を大和機械の岡崎に握られたからである。大吉は、社長秘書の日高聖子はじめ森派の社員達に帰還を歓迎され、岡崎一派との対決を決意した。或日、先代森社長の銅像の取払われた跡に、誰かがビゼン焼の狸を立てた事で、タヌキという仇名の赤座社長が怒って、これを撤去させるという事件があった。その数日後、大吉等は今度は先代社長の銅像を立てて、折から視察に現れた岡崎に森社長の復帰を迫ったが一蹴されてしまった。


解説

「週刊朝日」に連載の源氏鶏太の原作から「母の初恋」の八田尚之が脚色し、「密輸船」の杉江敏男が監督した。音楽は、「トラン・ブーラン 月の光」の飯田信夫が担当した。出演者は「密輸船」の三船敏郎、久慈あさみ、「月は上りぬ」の佐野周二、笠智衆のほか、司葉子、川崎弘子、見明凡太朗、藤原釜足等である。


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督

キャスト

俳優名役名
三船敏郎 (Toshiro Mifune)立春大吉
久慈あさみ日高聖子
佐野周二杉村洋介
笠智衆 (Ryu Chishu)森信吾
川崎弘子森信子
司葉子 (Tsukasa Yoko)森明子
見明凡太朗 (Bontaro Miake)岡崎才助
宝田明 (Akira Takarada)岡崎才太郎
上田吉二郎赤座社長
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)野田課長
森川信柳川徳助
北川町子 (Machiko Kitagawa)柳川恵子
左卜全大久保彦一
飯田蝶子大久保辰江
瀬良明阿部野
林幹鬼山
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)有難うさん
田島義文山村耕吉
山田巳之助中島総務
堺左千夫登呂
北条ゆかりミナコ
寿美花代矢瀬由比子
音羽久米子女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック