上映中

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ PG-12

ルールの通用しない麻薬戦争の恐るべき現実

上映スケジュールはコチラ!
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生する。犯人たちはメキシコ経由で不法入国したとみた政府は、密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱させる任務を、CIA特別捜査官マット・グレイヴァーに命じる。それを受けてマットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロの協力を仰ぐことに。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発させる極秘作戦を企てるが……。


解説

アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描き、アカデミー賞3部門にノミネートされた『ボーダーライン』の続編。脚本賞にノミネートされたテイラー・シェリダンは今回も脚本を担当、監督はイタリア人のステファノ・ソッリマにバトンタッチされた。トランプ大統領の「国境に壁を建設」の公約に象徴されるように、アメリカの国家的な問題となっている、メキシコとの国境から流入してくる薬物・不法入国者・武器の現状に問題意識をもって鑑賞しつつ、激しいアクションのハラハラドキドキを楽しみたい一作だ。一匹狼の殺し屋アレハンドロを演じるベニチオ・デル・トロ、CIA特別捜査官マット役のジョシュ・ブローリンは、前作から引き続き同じ役で続投。


配給KADOKAWA
制作国アメリカ (2018)
ジャンルアクション ドラマ スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2018年11月16日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック