若い人たち

近代映画協会の第八回自主作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

老銀行員小宮良介の娘阿佐子は、矢張り銀行の女事務員として働いていたが、毎朝誰よりも早く出勤して、掃除をしたり自分の当番でなくてもお茶を配ったりするので、反って他の女子行員達の反感を買っていた。或る日、良介は、銀行が差押えた工場の競売に債権者の代理人として出張したが、逆上したそこの工場主に殴られて昏倒してしまった。父入院の報をきいた阿佐子が、早退けして病院へかけつけようとした時、テーブルの上にあった筈の小切手が紛失して大騒ぎになったが、それは扇風機に吹きとばされて床板の隙間にはさまれたものと分って、一同はがっかりした。暫くして箱根への一泊旅行が行われた。病床の父が気になる阿佐子は泊らずに帰京したが、丁度これも泊らずに帰る戸川と一緒になり、しみじみと語り合ったが、これが女子行員達の間に早速話題のタネをまいた。


解説

「どぶ」に次ぐ近代映画協会の第八回自主作品で、全国銀行従業員組合連合会と提携して製作される。「どぶ」と同じく新藤兼人(泥だらけの青春)と棚田吾郎が共同で脚本を執筆し、「足摺岬」の吉村公三郎が監督する。撮影も同じく「足摺岬」の宮島義勇で、音楽は「泥だらけの青春」の伊福部昭の担当。出演者は「泥だらけの青春」の乙羽信子、「太陽のない街」の日高澄子、岸旗江、信欣三、原保美、「村八分」の中原早苗、「学生心中」の金子信雄などである。


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
乙羽信子 (Otowa Nobuko)小宮阿佐子
木村三津子山本久子
日高澄子奥野志津子
中原早苗藤井節子
岸旗江内村房枝
金子信雄 (Nobuo Kaneko)戸川健一
信欣三飯島三郎
芦田伸介江口俊雄
清川玉枝支店長夫人
清水元刑事
加藤嘉刑事
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)工場主
田中筆子工場主の妻
松山省次子供
下元勉若い工員
浜村純労基局員
米倉栄労基局員
花岡菊子志津子の姉
近藤宏黒田清
太田泰二中沢正二
原保美岡部達夫
松山紀子少女
石島房太郎大島
伊達信松崎
神田隆森川
堀内啓子川上トシ
木原勢子村山ユキ子
堂本ユリ子原咲枝
槙芙佐子飯島の妻
増田順二房枝の夫
戸田春子下宿のかみさん
今村源兵節子の父
冬木京三会社員
小坂真一商人
椿とみ看護婦
日野道夫療養所員
岩崎ちえ久子の女中
田中敬子三島春子
彌富光夫馬場
滝田裕介佐久間
嵯峨善兵 (Zenpei Saga)重役
内藤武敏坪井秀夫
御橋公小宮良介
砂川啓介小宮大助
島田文子小宮芳子
津路清子節子の母
松下達夫医者
月村雪江芸者
大原栄子芸者
石川冷銀行員
入江杳子銀行員
渡辺竹三郎銀行員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック