01月01日公開予定

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

もうひとつの『この世界の片隅に』

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる。


解説

2016年11月12日に公開され、深い感動の輪を拡げていき、大きな反響を呼んだ映画『この世界の片隅に』。新規場面を付け足した別バージョンの本作は、たくさんの新規映像を加えることで、さらにいくつもの人生が描かれる。これまでの映画『この世界の片隅に』とは一部主題も変わってくるため、別の題名をつけたもうひとつの映画として制作される。(作品資料より)


配給東京テアトル
制作国日本 (2018)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック