上映中

バハールの涙

自らの尊厳のためにISと闘う女性たちの生き様

上映スケジュールはコチラ!
バハールの涙
バハールの涙
バハールの涙

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

バハールの涙

女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていたが、ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受けた。男性は皆殺され、女性たちは性的奴隷として売買を繰り返され、少年たちはIS戦闘員の育成校に強制的に入れられた。数か月後、バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、そして「被害者でいるより戦いたい」という仲間の言葉に動かされ、女性武装部隊“太陽の女たち”を結成、銃を手に取り、最前線でISと戦う日々を送っていた。


解説

本作はイラクのクルド人自治区で起きた出来事に着想を得ている。2014年8月3日の夜、ISがイラク北西部の村々に侵攻。ヤズディ教という独自の宗教への信仰を守る人々が暮らす地域で、彼らの大量虐殺が奇襲攻撃の目的だった。24時間で50万人の市民が脱出。逃げおくれた人々は殺害されるか、拉致された。やがて、ヤズディ教徒、クルド人武装勢力、クルド自治区政府軍は、抵抗部隊を組織し始め、女性の戦闘員だけで構成された武装部隊も前線に立った。『パターソン』のゴルシフテ・ファラハニとカンヌ国際映画祭女優賞受賞のエマニュエル・ベルコが、大切なもののために信念をもって紛争の地で戦う女性と、真実を世界に伝える女性を体当たりで演じている。


配給コムストック・グループ、ツイン
制作国フランス=ベルギー=ジョージア=スイス (2018)
ジャンルドラマ 戦争
公式サイト公式サイトはこちら

2019年01月19日より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック