上映中

アジア三面鏡2018:JOURNEY PG-12

アジア・オムニバス映画製作シリーズ第2弾

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アジア三面鏡2018:JOURNEY

ミャンマー。ヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人商社マンの視点から、民主化間もない街の進化と喪失、現地の人々との交流、心の機微を色彩豊かな映像で描き出す(「碧朱」)。中国。北京から海を目指して旅を続ける母娘。性格が全く異なり、喧嘩を繰り返しながら旅を続ける彼女たちの姿を通して、普遍的な親子の問題、現代中国特有の人間模様が浮き彫りに。そして、最後に明らかになる旅の目的とは……(「海」)。東京。旅行中のインドネシア人夫婦が出会った不思議な男性。その男は、コンサルタントを自称しながら民泊を営んでいた。夫婦はその男から、奇妙で官能的なアドバイスを受けるが……(「第三の変数」)。


解説

日本を含むアジアの気鋭監督3人が、ひとつのテーマでオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」の第2弾。(作品資料より)


配給マーメイドフィルム
制作国日本 (2018)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年11月09日より新宿ピカデリーほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック