星は何でも知っている

小野田勇の原作を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天才少女作家嵯峨栞は不幸だった。美しい髪形、つぶらな瞳、彼女の美しいスタイルは、みんなマネージャー藤田の指図によるもので、彼女の自由になるものは何一つなかった。ある日のこと、栞は藤田の目をごまかし、平凡な少女に変装して街に出た。金を持たずに出てきたので、タクシー代が払えずに困っていると、見知らぬ男五郎が現れて、タクシー代を払ってくれた。栞は嫌がる五郎の後について、盛り場を遊び歩いた。それは天才少女ではなく、あどけない少女の姿だった。ジャズ喫茶でロカビリー歌手の平戸昌彦に会った。


解説

ロカビリー歌手の平尾昌章が、始めて主役として映画出演するもので、主題歌「星は何でも知っている」などを歌う歌謡映画小野田勇の原作を、小川英が脚色「お笑い三人組」の吉村廉が監督「知と愛の出発」の姫田真佐久が撮影した。平尾昌章をはじめ、丘野美子・岡田眞澄・菅井一郎・木戸新太郎(キドシン)などが出演している。


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
丘野美子嵯峨栞
岡田眞澄 (Masumi Okada)松村五郎
木戸新太郎富本三平
平尾昌晃平戸昌彦
伊藤寿章藤田
菅井一郎倉谷
初井言栄欣子
葵真木子典子
水木京一写真屋の男
日輪マコファンの娘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック