上映中

イーちゃんの白い杖

20年間の心の記録。

上映スケジュールはコチラ!
イーちゃんの白い杖
イーちゃんの白い杖
イーちゃんの白い杖

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

イーちゃんの白い杖

小長谷唯織さん、通称イーちゃんは生まれつき目が見えない。20年前、イーちゃんは静岡盲学校で、白い杖の使い方や点字など視覚障がい者として生きる基本を学んだ。目が見えない世界は想像を超える発見があったが、成長するにつれ、「なぜ自分だけ違うのか」と不思議に思い始める。そして、地元の保育園では大勢の友達がいたのに、同級生がいないさみしさを実感する。中学生になると、障がいを持った者同士、分かり合えると信じて、東京の盲学校へ進学する。しかし、いじめを経験し、大好きなピアノで気持ちを整理しようとしたが、心が追いつかなかった。母は、「現実から逃げないでほしい」と厳しく接した。夢にも届かず、何もかも嫌になった。「学校にいても家にいてもつらい」「死にたい」と考えたが、いつもそばにいる2歳下の弟・息吹の存在があった。弟は重度の障がいで、食事も歩行もトイレに行くこともできない。入退院を繰り返し、何度も手術を経験しても前に進んでいた。自分の甘さに気づいたイーちゃんは、自殺を踏み止まる。互いに顔を見たことがない姉と弟、そして2人を支える家族が、20年目に出した答えとは…。


解説

第8回FNSドキュメンタリー大賞特別賞受賞の番組を、テレビ静岡開局50周年記念として映画化。落語家の春風亭昇太が初となるナレーションを務める。監督は、テレビ静岡で数多くのドキュメンタリー番組を手掛けている橋本真理子。(作品資料より)


配給テレビ静岡
制作国日本 (2018)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月29日よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック