上映中

パピヨン

脱獄映画の名作が45年ぶりにリメイク

上映スケジュールはコチラ!
パピヨン
パピヨン
パピヨン

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パピヨン

1931年のパリ。彼は胸に蝶(パピヨン)の刺青がある事から“パピヨン”と呼ばれているアンリ・シャリエールは、殺人の濡れ衣を着せられて終身刑になる。収監先は南米にあるフランス領ギアナの刑務所。脱獄を計画するパピヨンは、通貨偽造で終身刑になったドガに近づく。彼を守る代わりに脱獄資金を提供してもらうためだ。刑務所は劣悪な環境で、死と絶望が支配していた。その中でパピヨンは脱獄を試みるが…。


解説

『パピヨン』といえば1973年製作の(日本公開は1974年)フランクリン・J・シャフナー監督による映画が有名だ。主人公パピヨンに当時人気絶頂のスティーヴ・マックイーン、その相棒ドガを演技派ダスティン・ホフマンが演じ、ロングランヒットを記録した。本作はその『パピヨン』のリメイクで、アンリ・シャリエールの自伝だけでなく、その1973年版映画の要素も多く盛り込まれている。見どころはパピヨンの脱獄劇だが、見た目も性格も対照的なパピヨンとドガの奇妙な友情が作品に深みを与えている事は確かだ。パピヨンには『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナム。そして要となるドガには、『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで一躍有名になり、アカデミー主演男優賞を獲得したラミ・マレック。旬の俳優たちによる、アンサンブルが楽しめる作品だ。


配給トランスフォーマー
制作国アメリカ=セルビア=モンテネグロ=マルタ (2017)
ジャンルドラマ スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月21日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック