廓育ち

佐藤純彌が監督した文芸もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

たみ子は六つの年、京都島原の芸妓だった実母に捨てられお茶屋“末広”の女将お仙の養女となった。十三の時から身体一つで女将の地位を築いたお仙は、たみ子が自分と同じ道を歩むのを当然としていた。たみ子は幼い頃から七十近い万春のおとうさんによって、男を喜ばす女として育てられた。たみ子の伯母のお春は格式を誇る“美よし”の女将であった。美よしの養女雪枝が、美しい廓女に変貌してゆくのを見たお仙は、激しい対抗意識を燃やした。遠縁の娘宮子をひきとったお仙は、足の悪い宮子を家事につかせると、たみ子に厳しく芸事を仕込んだ。だがたみ子は、お仙の反対を押しきって高校に進学し、色街の空気になじもうとしなかった。


解説

川野彰子の同名小説を「肉体の門(1964)」の棚田吾郎が脚色「続・王将(1962)」の佐藤純彌が監督した文芸もの。撮影は「鮫」の飯村雅彦。


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
三田佳子 (Yoshiko Mita)たみ子
小野恵子たみ子少女時代
畠山淑子たみ子少女時代
佐々木愛宮子
三益愛子お仙
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)新田茂己
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)弥介
進藤英太郎千代松
荒木道子お春
塚原佳穂理雪枝
岡田由紀子雪枝少女時代
緑魔子 (Midori Mako)つた江
高森玄 (Gen Takamori)修治
原田甲子郎大木
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)塚田
牧よし子お辰
相生千恵子洋子
谷本小夜子月子
東百合子花子
三津田健万春のおとうさん
山本緑お吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック