上映中

麻雀放浪記2020 PG-12

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品

上映スケジュールはコチラ!
麻雀放浪記2020
麻雀放浪記2020
麻雀放浪記2020

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

麻雀放浪記2020

2020年の“未来”。人口は減少し、労働はAIに取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?


解説

阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、35年ぶりに再映画化。原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジしている。主人公“坊や哲”を演じるのは斎藤工。坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を姉妹ユニット“チャラン・ポ・ランタン”のヴォーカル・ももが務める。また芸能プロダクションの社長でドテ子の部屋に転がり込むクソ丸を竹中直人、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママ・ゆきをベッキーが演じる。監督は『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌。(作品資料より)


配給東映
制作国日本 (2019)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年04月05日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック