06月14日公開予定

ウィーアーリトルゾンビーズ PG-12

超音楽冒険RPGムービー!

上映スケジュールはコチラ!
ウィーアーリトルゾンビーズ
ウィーアーリトルゾンビーズ
ウィーアーリトルゾンビーズ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ウィーアーリトルゾンビーズ

出会いは偶然だった。よく晴れたある日、火葬場で出会った4人の13歳。ヒカリ、イシ、タケムラ、イクコ。みんな、両親を亡くしたばかりだった。ヒカリの両親はバスで事故死、イシの親はガス爆発で焼死、タケムラの親は借金苦で自殺、イクコの親は変質者に殺された。なのにこれっぽっちも泣けなかった。まるで感情がないゾンビみたいに。「つーか私たちゾンビだし、何やったっていいんだよね」夢も未来も歩く気力もなくなった小さなゾンビたちはゴミ捨て場の片隅に集まって、バンドを結成する。その名も“LITTLE ZOMBIES”。やがて社会現象になったバンドは、予想もしない運命に翻弄されていく。


解説

2017年、第33回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、日本映画初のグランプリを獲得した監督・長久允の長編デビュー作。出演は、『そして父になる』で福山雅治の息子役を演じた二宮慶多、テレビCMや『クソ野郎と美しき世界』での好演も記憶に新しい中島セナ、ドラマ「嘘の戦争」の水野哲志。天才似顔絵師として話題の奥村門土。4人の新しい才能の発掘により、瑞々しくもかつてない少年少女像が誕生した。また、佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮などの日本を代表する豪華名優たちも、監督の才能に共感し集結している。(作品資料より)


配給日活
制作国日本 (2019)
ジャンルアドベンチャー Music/ミュージカル
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月14日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック