上映中

ある町の高い煙突

日立鉱山の大煙突にまつわるストーリー

上映スケジュールはコチラ!
ある町の高い煙突
ある町の高い煙突
ある町の高い煙突

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ある町の高い煙突

1910年。茨城県久慈郡入四間の地主の家に生まれ育った関根三郎は、隣村の日立鉱山による煙害が発生している事を知る。村の権力者である祖父・兵馬は事態を重く見て鉱山会社へ掛け合いに行くが、補償するので煙害は我慢するよう一方的に言われてしまう。受験を控えた三郎を心配する兵馬は、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げるが、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて煙害に立ち向かう事を決意する。


解説

本作のモデルになったのは、茨城県日立市の日立鉱山。終戦後、銅の精製が盛んになっていった同市では、同時に硫黄や亜硫酸ガスを含む排煙が近隣の町へどんどん広がっていったという。周辺の山林や農作物への被害は甚大。そこで考えられたのが、タイトルにもなっている“大煙突”だった。コンクリートの強度、施工方法など、一筋縄ではいかないプロジェクトだった事が、映画から見て取れる。原作は、昭和の文豪・新田次郎の同名小説。メガホンをとったのは、『天心』など茨城県をベースに映画作りをしている松村克弥。キャストには、吉川晃司や仲代達矢といったビッグネームも名を連ねるが、地元住民からも出演者を募るなど、地域密着の作品でもある。


配給エレファントハウス、Kムーブ
制作国日本 (2019)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月22日より有楽町スバル座ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック