女難コースを突破せよ

筧正典が監督したサラリーマン喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

人呼んでサラリーマン三人吉三。畑野、柴田、高木は大宝電気の社員で、大学時代は先輩後輩の間柄。先輩思いの柴田と高木は畑野と秘書吟子の婚約パーティーを、大洋軒で開くお膳立てをするが、生憎その夕方、社命でハワイのパイナップル王町田氏を羽田へ出迎えに行かねばならなかった。空港では新星広告柳原社長と新日本自動車大沢社長が町田氏に取り入って、取引きを有利にしようと大童。柴田と高木は町田氏の令嬢多佳子の美貌に魂を奪われ、畑野のパーティーなど忘れてしまう。翌日、社長室に呼ばれた柴田は、多佳子が婿さがしのため来日したこと知り、上木社長から立候補をすすめられた。柴田は「将を射んとせば」の格言に従い、まず町田氏に接近した。ところが、高木は柴田を出しぬき、多佳子のステッキボーイとなって銀ブラとしゃれ込んでいた。一方、社長のお供で商談に出かける畑野は、その日上京する父の出迎えを気心の知れた吟子に頼んだ。


解説

「雲の上団五郎一座」の長瀬喜伴のオリジナル・シナリオを「トイレット部長」の筧正典が監督したサラリーマン喜劇。撮影もコンビの玉井正夫。パースペクタ立体音響。


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
整音
照明
編集
製作担当者
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)畑野弘海
宝田明 (Akira Takarada)柴田実
高島忠夫 (Tadao Takashima)高木正夫
団令子町田多佳子
左卜全町田社長
有島一郎上木社長
柳家金語楼柳原社長
森川信大沢社長
水野久美成瀬吟子
中島そのみ江川ゆかり
中真千子山中みどり
水の也清美久仁子
丘寵児伝吉
東郷晴子お七
沢村いき雄畑野天海
瓜生登代子女店員A
宮川澄江女店員B
小西ルミ女按摩
植木等 (Hitoshi Ueki)原田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック