上映中

僕はイエス様が嫌い

海外で認められた期待の新人監督デビュー作

上映スケジュールはコチラ!
僕はイエス様が嫌い
僕はイエス様が嫌い
僕はイエス様が嫌い

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

僕はイエス様が嫌い

小学生のユラはおばあちゃんと一緒に暮らすため、東京から雪深い地方のミッション系の小学校へ転校してきた。転校先では同級生たちと行う礼拝に、ユラは戸惑いを感じていた。礼拝の習慣や友だちたちとも次第に慣れていったある日、ユラがお祈りをしていると、目の前にとても小さなイエス様が現れる。そのイエス様にお願いした事は必ず叶えられて親友もでき、ユラはイエス様の持つ力を信じるようになっていく。


解説

東京から雪深い地方にあるミッション系の小学校へと転校する事になった少年ユラが、ある日現れた小さな“イエス様”の力を信じるようになっていくさまを描いた本作は、弱冠22歳の奥山大史監督が青山学院大学の卒業制作として撮影した長編デビュー作。「第66回サンセバスチャン国際映画祭」で最優秀新人監督賞を獲得(日本人監督としては20年ぶり)した注目の若手監督。監督だけでなく脚本、撮影、編集も監督本人が担当、宗教や死生観が関わる重みのあるテーマをユーモア込めながらも詩的に描き、すがすがしい感動を覚える一作。約70人の中からオーディションで選ばれた佐藤結良くんの存在感にも注目したい。


配給ショウゲート
制作国日本 (2019)
ジャンルドラマ SF/ファンタジー
公式サイト公式サイトはこちら

2019年05月31日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック