上映中

ソローキンの見た桜

日露戦争時代のロミオとジュリエット

上映スケジュールはコチラ!
ソローキンの見た桜
ソローキンの見た桜
ソローキンの見た桜

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ソローキンの見た桜

2018年、新人TVディレクターの桜子は、先輩・倉田の指示によりロシア人墓地の取材を皮切りにロシアにいくことになるが、興味を持てない。そんな中、祖母・菊枝から、自身のルーツがロシアにあることを教わる。祖母の手元には、日露戦争時代に看護師をしていた先祖・ゆいの日記が残されていた。ロシア兵と日本人看護師の日記を紐解いていくうちに、桜子はある事実を知る……。日露戦争時代。ゆいは弟・健二を戦争で亡くしロシア兵を許せずにいたが、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることになる。当時、世界から一流国として認められるため、日本はハーグ条約遵守を意識し、ロシア兵捕虜のアルコールの購入や外出などの自由を認めており、松山市民とロシア兵捕虜は交流を深めていく。ロシア兵を憎む一方でソローキンの寛大な心や女性を敬う考え方に惹かれていくゆい。ソローキンもまた、ゆいの心の奥の悲しみを取り除きたいと願い始める。しかしソローキンが捕虜となったのはある密命のためであり、ロシア革命に加わろうと収容所を脱出し帰国することにした彼はゆいも連れて帰ろうとするが……。


解説

日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初の捕虜収容所をモチーフにした、日露合作の悲恋物語。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門グランプリに輝いたラジオドラマ「〜松山ロシア人捕虜収容所外伝〜ソローキンの観た桜」を映画化。監督はオールロシアロケ作品『レミニセンティア』の井上雅貴。(作品資料より)


配給KADOKAWA
制作国日本 (2019)
ジャンルドラマ ラブ・ストーリー
公式サイト公式サイトはこちら

2019年03月22日より角川シネマ有楽町ほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック