11月22日公開予定

決算!忠臣蔵

ミッション“予算内で討ち入る”

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

決算!忠臣蔵

元禄14年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度に据え兼ね斬りかかる。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷ってしまう。筆頭家老・大石内蔵助は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまう。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。しかし、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を熱望。いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。ただ、討入りするにも予算が必要。上限予算は9500万!討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。でも世間の空気的には仇討ちしないとマズいわけで…。


解説

忠臣蔵を予算と関西弁を切り口に描いたエンタメ時代劇。主人公・大石内蔵助を堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を時代劇初挑戦の岡村隆史が演じる。そのほか、濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、石原さとみ、竹内結子、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史など、豪華俳優陣が集結。監督は『殿、利息でござる!』『忍びの国』の中村義洋。(作品資料より)


配給松竹
制作国日本 (2019)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年11月22日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック