06月01日公開予定

メモリーズ・オブ・サマー PG-12

アダム・グジンスキ監督が描く思春期の輝きと揺らぎ

上映スケジュールはコチラ!
メモリーズ・オブ・サマー
メモリーズ・オブ・サマー
メモリーズ・オブ・サマー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

メモリーズ・オブ・サマー

1970年代末、夏。ポーランドの小さな町で、12歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシアと過ごしている。父は外国へ出稼ぎ中。母と大の仲良しのピョトレックは、母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始める。一方ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱くが、彼女は、町の不良青年に夢中になる。それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。そんな中、大好きな父が帰ってくるが…。


解説

70年代のポーランドの風景のなか紡がれる、忘れられない一夏の記憶。母と子を結び付ける特別な絆とその背景を軸に、初めての恋や友情、性を取り巻く感情に戸惑う思春期の痛々しさを切実に映し出す。監督はポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ。(作品資料より)


配給マグネタイズ
制作国ポーランド (2016)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月01日よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック