上映中

ピアッシング PG-12

村上龍の原作小説をハリウッドで映画化

上映スケジュールはコチラ!
ピアッシング
ピアッシング
ピアッシング

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ピアッシング

自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし―ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしまう。殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女、刃を外に向ける者と内に向ける者は、奇妙な磁場に吸い寄せられるかのように出会ってしまった。これはリアルな悪夢か、シュールな現実か。不思議な一夜が幕を開ける…。


解説

村上龍の同名小説を映画化した本作は、殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女を描く衝撃のサイコスリラー。2018年のサンダンス映画祭で会場を衝撃に包み、スイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭ほか、世界各国で数多くの賞にノミネートされている。狂気的な男を演じるのは『ファ一スト・マン』のクリストファー・アボット。一方、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカが脆く繊細な女を演じる。二人の繊細かつ圧倒的な演技が見どころだ。監督はハリウッド版『呪怨』でメガホンをとった米インディーズ界の新鋭ニコラス・ペッシェ。劇中のインテリアに荒木経惟の写真を使うなど、監督の日本文化を敬愛する姿勢が見て取れる。


配給パルコ
制作国アメリカ (2018)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月28日より新宿シネマカリテほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック