早射ち犬

“犬”シリーズ第八作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

鴨井大介はギターを片手に流して歩いていたが、その美声は界隈の評判で、キャバレーの社長が是非ステージに、と頼みにくるほどだった。しかし、大介は競輪予想屋の常さんや、運転手の山本五郎と、ボロアパートで暮しているのが好きで、そんな話を断っていた。その頃、もとやくざの九十九会組長白井金造が、五郎を運転手に雇って関西までドライブに行った。五郎にとって、白井から貰った五万円は女房玉子の出産費用にあてるものだった。一方、大介は出産間近い玉子の世話をしていたが、その頃、大阪で三千数百万円の強奪事件が起った。そして五郎の運転していた車が大破炎上し身元確認の困難な焼死体が一個残された。


解説

「野良犬(1966)」の藤本義一がシナリオを執筆し、「ごんたくれ」の村野鐵太郎が監督した“犬”シリーズ第八作目。撮影はコンビの上原明。


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
田宮二郎 (Jiro Tamiya)鴨井大介
天知茂木村準太
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)山本五郎
坂本スミ子 (Sumiko_Sakamoto)山本玉子
江波杏子 (Enami Kyoko)宮本文子
嘉手納清美宮本エミ
橘喜久子良子
藤岡琢也常さん
財津一郎咲田勇作
成田三樹夫
伊達三郎 (Saburo Date)白井金造
橋本力増田刑事
夏木章長崎刑事
仲村隆太田刑事
北城寿太郎神谷天心
小山内淳精霊会会員A
藤井竜史精霊会会員B
山根圭一郎精霊会会員C
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック