上映中

踊る!ホラーレストラン

バリアフリーカンパニー・あぴラッキーのステージパフォーマンスを映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

世界的に著名な美食研究家でもある加賀美晃志郎がオーナーを務めるレストランKAGAMIは、オープンして間もなくミシュランの星を獲得し超人気店に。加賀美は己の料理への信条から、店では私語・BGM禁止などのルールを設けている。オープン2周年を迎え、妻・静子と店に向かったところ、テレビで見たはずの行列が消え、従業員の姿もなかった。すると「お待ちしておりました、加賀美様」と、顔色の悪い奇妙な姿の男が現れる。怪訝そうな晃志郎などおかまいなしに、男は朗らかに歌い、晃志郎の車イスを猛スピードで押して闇の中へ進んでいく。はたと止まると、そこは店内だった。照明が変わり、爆音で音楽が流れ、従業員たちが踊る奇妙なダンスの渦に飲まれていく。客の人生を料理にするという店長・香瑠鼓。その料理とは、ダンスだった。従業員や『常連客』と呼ばれる不気味なセレブたちも現れ、晃志郎と静子は前菜・スペシャルドリンク・サラダとスープ・メインディッシュ…と、レストランアピーシェのフルコースの流れに乗せられていく。その中で、妻・静子との関係や裏切り傷つけた人たちなど、加賀美晃志郎という人間の人生そのものが浮かび上がってくる。


解説

Wink『淋しい熱帯魚』を手がけた振付家・香瑠鼓が率いるバリアフリーカンパニー・あぴラッキーのステージパフォーマンスを映画化。頑なな美食研究家・レストランオーナーの加賀美を原田大二郎が演じる。香瑠鼓はエグゼクティブプロデューサーを務めるほか、加賀美が迷い込むレストランアピーシェの店長役で出演。香瑠鼓と共に活動するパフォーマーや障害のあるメンバーや映画監督・ビジュアリストの手塚眞、振付家・パフォーマーのラッキィ池田ら多彩な顔ぶれが揃う。監督・脚本は『VEIN-静脈-』の渡邊世紀。


配給-
制作国日本 (2019)
ジャンルMusic/ミュージカル 

2019年06月15日より



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック