上映中

ロイヤル・バレエ『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー』『メデューサ』『フライト・パターン』

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ
現代振付家3人による話題のトリプル・ビル

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ロイヤル・バレエ『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー』『メデューサ』『フライト・パターン』

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を映画館で上映する「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19」。今回お贈りするバレエ最新作は、世界中で引っ張りだこの現代振付家3人による話題のトリプル・ビル。「ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー」は、「不思議の国のアリス」「冬物語」「パリのアメリカ人」と大ヒットを飛ばした現代の名称、クリストファー・ウィールドンの2008年の作品。サンフランシスコ・バレエの75周年を記念して創作され、純粋なダンスの美しさが楽しめる。


解説

新作「メデューサ」で初めてロイヤル・バレエ作品を創作して話題を呼んでいるシディ・ラルビ・シェルカウイは、日本でも「TeZukA」や「プルートゥ」などを演出し、大の日本漫画好きとしても知られている。ギリシャ神話のメデューサの物語に基づく本作は、現代作品にも才能を発揮しているナタリア・オシポワをメデューサ役に起用し、マシュー・ボールが演じるペルセウス、平野亮一によるポセイドンなど彼女を取り巻くキャラクターが、独特のうねるようなスタイルで鮮やかに描かれる。「フライト・パターン」は、カナダ出身の女性振付家クリスタル・パイトによる2017年初演の作品。戦乱から逃れようと困難な旅を続ける難民たちの姿を描いたパワフルで心に訴えかける作品で、ローレンス・オリヴィエ賞を受賞するなど高評価を得た。パイト作品に多く見られる群舞を巧みに使い、36人のダンサーたちが忘れがたい印象を残す。(作品資料より)


配給東宝東和
制作国イギリス (2019)
ジャンルMusic/ミュージカル 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年06月28日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック