上映中

象は静かに座っている

中国新世代の俊英、最初で最後の最高傑作

上映スケジュールはコチラ!
象は静かに座っている
象は静かに座っている
象は静かに座っている

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

象は静かに座っている

かつて炭鉱業で隆盛を極めたが、今では廃れてしまった中国の小さな町。友だちをかばった少年ブーは、町でえばっているチェンの弟で不良の同級生シュアイを、つい階段から突き落としてしまう。チェンたちに追われて町を出ようとするブーは、友人のリンや近所の老人ジンも巻き込んで……。それぞれが事情を抱える4人は、2300キロ離れた先にある満州里にいるという、一日中ただ座り続けているという奇妙な象にわずかな希望を求めて歩き出すが……。


解説

中国北部の地方都市に暮らす別の境遇にいる男女4人の一日を描いた本作は、第68回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、最優秀新人監督賞スペシャルメンションを獲得した秀作。上映時間は4時間近くとかなり長尺な作品だが、一見してムダなショットはない。登場人物の背後を追い続けるカメラ、人物に寄り添い建物から建物へと縦横無尽に駆け回るカメラワーク、そしてその一瞬しかない日没前の自然光を使用したライティングなど、ひとつひとつのシーンに監督が心血を注いだ類まれな完成度と、世界中のフィルムメーカーが驚嘆している。これがデビュー作のフー・ボー監督は、作品完成直後にみずから命を絶ち、遺作にもなった。その死が悔やまれる。


配給ビターズ・エンド
制作国中国 (2018)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年11月02日よりシアター・イメージフォーラムほかにて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック