11月02日公開予定

象は静かに座っている

中国新世代のフー・ボー監督、最初で最期の傑作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

象は静かに座っている

中国、炭鉱が廃れ世間に見放された小さな田舎町に4人の男女がいた。暴力で自分を守る男、将来の目的を見出せない少年、教師と関係を持つ少女、家族に突き放された老人。生きることに疲弊しながらも、いまを抜け出す希望の光がいつか差し込むその瞬間をただ待っていた。北の僻地・満州里の動物園にいる、1日中ただ座り続けているという奇妙な象の噂は、くすぶり続けていた4人の心を魅了した。象はなぜ座っているのか。答えの先に無意味な日々の終わりを求めて歩き出す…。


解説

ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞・最優秀新人監督賞スペシャルメンションをW受賞、金馬奨では作品賞・脚色賞・観客賞をトリプル受賞。世界10カ国以上の映画祭に出品、映画誌やサイトもこぞって絶賛評を掲載し、世界の名だたる巨匠たちをも虜にした29歳の俊傑フー・ボー監督の長編デビュー作にして遺作。作家としての顔も持ち、自身の著書「大裂」の中でも最も気に入っているという短編を映画化したもの。(作品資料より)


配給ビターズ・エンド
制作国中国 (2018)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年11月02日よりシアター・イメージフォーラムほかにて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック