上映中

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

巨匠セルジオ・レオーネの超大作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

西部のある鉄道駅。3人の男たちが何者かを待ち伏せしているが、列車から現れたハーモニカを吹く男に一瞬にして倒される。その頃、荒野の一軒家では開拓者のマクベイン一家が、フランクとその仲間たちにより殺された。フランクは犯行を強盗のシャイアン一味に偽装するが、これは土地の利権をめぐる鉄道会社の差し金だった。事件後にやってきたマクベインの新妻であるジルは、フランク、ハーモニカ、シャイアンらの争いに巻き込まれていく。


解説

マカロニウエスタンの巨匠セルジオ・レオーネが、名作『続・夕陽のガンマン』に続き1968年に製作した西部劇大作で、日本公開タイトルは『ウエスタン』。当時日本で公開されたのは2時間21分のバージョンだったが、今回、本邦劇場初公開となるのはデリジタルリマスターされた2時間45分のオリジナル版だ。それまで善人役が多かったヘンリー・フォンダが悪役に挑み、当時人気上昇中のブロンソンと対決するクライマックスもさることながら、超スローなオープニングシーンは当時観客の度肝を抜いた。無法者たちの時代が終わりを告げる西部を描いた、一大叙事詩だ。エンニオ・モリコーネの音楽も絶好調。タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のタイトルは、本作のタイトルの引用という。今回はオリジナル英語タイトルで公開だ。


配給アークフィルムズ、Boid、インターフィルム
制作国イタリア=アメリカ (1968)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年09月27日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック