01月01日公開予定

劇場

たったひとり、僕を理解してくれたのは彼女だった

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

劇場

中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びない。劇団員と永田の関係も悪く、永田は言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけ声をかける。突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放っておけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田は自分を理解してくれ支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実との間を埋めるようにますます演劇に没頭していくが…。


解説

劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋をし必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない7年間の恋を描いた又吉直樹の恋愛小説を映画化。永田役を人気俳優・山崎賢人、沙希役を松岡茉優が演じる。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』など、時代ごとに恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲。(作品資料より)


配給松竹、アニプレックス
制作国日本 (2020)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック