上映中

太陽がほしい 劇場版

戦時性暴力の実態と中国人被害女性の存在

上映スケジュールはコチラ!
太陽がほしい 劇場版
太陽がほしい 劇場版
太陽がほしい 劇場版

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

太陽がほしい 劇場版

1992年、日本の戦後補償に関する国際公聴会が東京で開催され、中国人女性・万愛花さんの証言により中国人性暴力被害者の存在が明らかになった。当時日本に留学していた班忠義監督はその証言に衝撃を受け、万愛花さんの元を訪ね、それ以来中国人被害女性の支援活動を続けてきた。強烈な身体的・精神的暴力により多くの被害女性たちは体調や精神に異常をきたしているものの、一切の補償を受けられず、戦後半世紀を過ぎても癒えることのない苦しみが続いている。かつて元兵士たちは、中国人女性を拉致・監禁し性暴力に及んだと公の場で自ら語り、その内容は被害女性の証言と一致。しかし戦争世代が少なくなるにつれ、日本国内では歴史修正主義が台頭し、慰安婦問題は韓国女性を対象とした強制性の有無が議論の中心となっていった。班監督が支援活動と並行して20年間撮りためてきた証言から、戦時性暴力の実態と中国人被害女性の存在に焦点を当てる。


解説

『チョンおばさんのクニ』を監督、1990年代より中国人被害女性の支援活動を続ける班忠義監督によるドキュメンタリー。監督が20年間撮りためてきた戦時性暴力の実態と中国人被害女性の存在にまつわる証言を、企画に賛同した750人の支援者と共に5年かけ映画化。(作品資料より)


配給「太陽がほしい」を広める会
制作国中国=日本 (2018)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2019年08月03日よりアップリンク渋谷ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック