さよならジュピター

太陽系接近。大惨事を阻止する人々を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

2125年。地球人口は180億、太陽系宇宙空間の人口は5億に達していた。宇宙に住む人々は新しい資源とエネルギーの開発を推進し、火星では極冠が融解され、水資源が確保された。極冠のあとからペルーのナスカと同じパターンの地上絵が発見され、宇宙言語学者のミリセント・ウィレム博士は木星のミネルヴァ基地に向かう。ここでは本田英二をチーフにしてJS(木星太陽化)計画が進められていた。JS計画とは、地球連邦大統領直属のSSDOが推進しているプロジェクトの一つで、木星を第二の太陽にすることにより、木星以遠の太陽系惑星に新しいエネルギー源を提供しようというのだ。ミリセントは「ナスカや火星の地上絵は宇宙人のメッセージであり、木星に彼らの正体を解く鍵があるらしい」とJS計画の一時中止を求める。自然保護団体の一つで歌手のピーターが教祖のジュピター教団もJS計画に反対し、ミネルヴァ基地に破壊工作員を送り込んで来た。


解説

ブラックホールの太陽系接近による大惨事を阻止するために努力する人々を描くSF映画。脚本・総監督は作家の小松左京(同名ノヴェライゼイションも執筆)、監督はこれが第一作になる橋本幸治、特技監督は「大空のサムライ」の川北紘一、撮影は原一民がそれぞれ担当。


配給-
制作国日本 (1984)
ジャンルSF/ファンタジー 


スタッフ

総監督
監督
特技監督
脚本
原作
製作
イメージデザイン
模型デザイン
撮影
水中撮影
美術
装置
木工
組付
装飾小道具
電飾
動く彫刻
音楽
音楽プロデューサー
主題歌
挿入歌
録音
効果
照明
編集
ネガ編集
衣裳デザイナー
衣裳
メーク
結髪
俳優係
製作担当
製作係
助監督
記録
協力製作
特技撮影
特技美術
特技照明
特技スチール
特殊効果
特技助監督
スチール
操演
造型
照明機材
特殊機械
殺陣
宣伝プロデューサー
製作宣伝
合成
光学撮影
合成作画
モーション・コントロール・システム
CGプロデューサー
CGディレクター
システム・アドバイザー
特技装置
特技組付
特技木工
特技照明機材
特技記録
特技製作担当
特技製作係
スペースイラスト
模型制作

キャスト

俳優名役名
三浦友和 (Tomokazu Miura)本田英二
ディアンヌ・ダンジェリーマリア
小野みゆき (Miyuki_Ono)アニタ
レイチェル・ヒューゲットミリセント・ウィレム
平田昭彦井上博士
ポール・太河ピーター
ロン・アーウィンホジャ・キン
マーク・パンサー (Marc Panther)カルロス・アンヘレス
キム・バス (Kim Bass)ブーカー
ウィリアム・M・タピアエドワード・ウェッブ
岡田眞澄 (Masumi Okada)ムハンド・モンスール
森繁久彌 (Hisaya Morisige)世界連邦大統領
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック