真夜中

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニューヨークの繁華街で友人ロックマンと衣裳会社を経営しているジェリー・キングスレー(フレドリック・マーチ)は、娘を結婚させ、妻亡きあと今はオールド・ミスの姉エベリンと暮らしている。彼の会社には、ベッティ・プレイザー(キム・ノヴァク)という美しい若い女がいた。彼女は、最近離婚して孤独に悩んでいた。仕事のことで彼女の部屋を訪れたジェリーは、彼女の話を聞いてやった。当然幸福な生活を送っていると思っていた彼女の意外な身の上を聞いて、彼は同情した。ベッティにとっても、ジェリーの慰めは心の温まるものだった。それから、彼は彼女を食事や夜の散歩にさそうようになった。互いに愛を告白し、週末を、遠いジョージ湖畔で共に過ごして、2人はもうお互いに離れることができなくなったのを知った。こうして50台の男と24歳の娘との人生は結びついた。ジェリーの姉と、娘のリリーは、親と娘ほども違う2人の仲に反対した。ベッティの母と親友のリリアンも反対した。しかし、2人の決心は変わらなかった。2人は結婚するつもりだった。だが、会いつづけるうちに、年とったジェリーは、若いベッティに妙な嫉妬心を抱くようになった。愛すれば愛するほど、彼は疑いに悩んだ。2人の間には口論がつづくようになった。ベッティは苦しんだ。そして、前夫ジョージがラスヴェガスから帰って彼女の家に寄った夜、苦しみのあまりベッティは彼の腕に抱かれた。あくる朝、ベッティは、やはり自分が愛しているのはジェリーであることを知った。雪のセントラル・パークで、彼女はジェリーに誤ちを告白した。怒った彼は、すがる彼女をふり切って去った。絶望した彼が家に帰ると、共同経営者ロックマンが自殺を企てたとの知らせがあった。孤独な彼は、それに耐えきれずに死を選ぼうとしたのだ。ロックマンの病室を出た彼は、今は自分にとって、ベッティがどうしても必要なのを悟った。ベッティの家を急いで訪れた彼は、涙にぬれた彼女を抱擁した。


解説

「マーティ」の原作者パディ・チャイエフスキーが自作舞台劇をシナリオ化し、それを同じ「マーティ」のデルバート・マンが監督した作品。ブロードウェイで上演されたドラマは、ジョシュア・ローガンが演出に当っている。中年の衣裳会社を経営する男と、若いオフィス・ガールの結婚をめぐる小市民生活のドラマである。撮影はジョセフ・ブラン、作曲・音楽指揮をジョージ・バスマンが担当している。出演するのは、「媚薬」のキム・ノヴァク、「必死の逃亡者」のフレドリック・マーチ、「エデンの東」のアルバート・デッカーの他、エフィ・アフトン、グレンダ・ファレル、エジス・マイザー、リー・リチャドソンら。


配給コロムビア
制作国アメリカ (1959)
ジャンル 

1959年06月12日より



スタッフ

監督
脚本
原作戯曲
製作
撮影
美術
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
キム・ノヴァク (Kim Novak)Betty
グレンダ・ファレル (Glenda Farrell)Her_Mother
ジャン・ノリス (Jan Norris)Her_Sister
フレドリック・マーチ (Fredric March)Jerry_Kingsly
リー・グラント (Lee Grant)Marilyn
エフィー・アフトン (Effie Afton)The_Neighbor
ベティ・ウォーカー (Betty Walker)The_Widow
アルバート・デッカー (Albert Dekker)Lockman
ロウ・ギルバート (Low Gilbert)Sherman
ドラ・ワイズマン (Dora Weissman)Lockman's_Wife
リー・リチャードソン (Lee Richardson)Lockman's_Son
リー・フィリップス (Lee Philips)George
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック