上映中

リチャード・ジュエル

実話に基づき、アトランタ爆破テロ事件の真実を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

リチャード・ジュエル

1996年に行われたアトランタ五輪の開催中、警備員のリチャード・ジュエルは公園で不審なバッグを発見する。その中には、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾が入っていた。多数の人命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その一方でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始する。さらに追い打ちをかけるように新聞社とテレビ局が実名報道した事で、ジュエルを取り巻く状況は一転する…。


解説

毎年のように新作を発表する巨匠クリント・イーストウッドが、40作目の作品として新たに取り組んだのは、1996年のアトランタ爆破テロ事件。実話に基づき、事件の容疑者とされた警備員リチャード・ジュエルと、真実を追う弁護士ワトソン・ブライアントがメディア報道、それに便乗する世間の誹謗中傷と闘うさまを描いた。主人公のジュエルを演じるのは、本作で大抜擢のポール・ウォルター・ハウザー。一方、ブライアント弁護士を演じたのは、『スリー・ビルボード』でオスカー俳優の仲間入りを果たしたサム・ロックウェルだ。SNSの普及により冤罪が起きやすくなった現代社会で、誰にでも起こりえる他人事ではない内容だ。


配給ワーナー・ブラザース映画
制作国アメリカ (2019)
ジャンルドラマ スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2020年01月17日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック