インカ王国の秘宝

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アメリカの冒険家はリー・スティール(チャールトン・ヘストン)は野望を抱いてペルーに来た。インカ王国に伝わる日輪を形どった秘宝を探し出すためである。伝説によれば秘宝はアンデス山中のマク・ピクーの墓の中にあり、それがインカ族に戻れば再びインカ文明が復活すると言われていた。ハリーは、ペルーの田舎町でエド(トーマス・ミッチェル)という謎の人物に会ったが彼もハリーと同じ目的を持っていた。マク・ピクーに行く飛行機を探すうちハリーはまたエレナ(ニコール・モーリー)という美しい娘に会った。彼女は鉄のカーテンから逃れ来たが領事の捜索の手が伸び、たまたま会ったハリーを抱き込み領事の飛行機を盗ませ米国へ渡ろうとした。しかしハリーは抱き込まれた様子をして飛行機をそのままマク・ピクーの付近に着陸させた。マク・ピクーでは折しもムアヘッド博士の考古学研究発掘隊が作業していた。ハリーは飛行機故障を装い発掘隊に加わり秘宝を探すことにした。そのうち博士はエレナの美貌にひかれ遂に彼女に結婚を申込んだ。がエレナの心は既にハリーに引き寄せられていた。発掘隊にはインカ族の原住民が応援したが、その中にインカ国王の子孫コリという美しい娘がいた。夜ともなれば彼女は太陽の神への讃歌を唱うのであった。やがてハリーは秘宝のありかを発見した。が、その時、エドが現われ秘宝をめぐって激しい争いが起こった。逸早く拳銃を抜いたエドはハリーを脅し秘宝を奪ったが、逆に追い詰められ谷底へ転落。ハリーは永年夢みた秘宝を手に入れた。だが彼は秘宝がいかにインカ族に大切なものかを覚り、これを彼らに戻した。その代わりハリーは、もっと価値のあるエレナを手に入れた。


解説

「烙印」のメル・エプステインが製作した冒険活劇映画。「地獄の埠頭」を書いたシドニーボームの原作を「黒い絨毯」のラナルド・マクドゥガルがボームと共同脚色、「四角いジャングル」のジェリー・ホッパーが監督した。撮影監督は「白昼の対決」のライオネル・リンドン、作曲担当は「二人でお茶を」のデイヴィッド・バトルフ。主演は「燃える幌馬車」のチャールトン・ヘストン、「フォーサイト家の女」のロバート・ヤング、「女性の敵」のニコール・モーリー、ペルーの歌手イマ・スマック。それに老巧トーマス・ミッチェルなど。


配給パラマウント
制作国アメリカ (1954)
ジャンル 

1957年02月16日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
作曲

キャスト

俳優名役名
チャールトン・ヘストン (Charlton Heston)Harry_Steele
ロバート・ヤング (Robert Young)Dr.Stanley_Moorehead
ニコール・モーレイ (Nicole Maurey)Elena_Antonescu
トーマス・ミッチェル (Thomas Mitchell)Ed_Morgan
イマ・スマック (Yma Sumac)Kor-Tica
グレンダ・ファレル (Glenda Farrell)Mrs.Winston
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック